なぜ特樂通か
​​​​

テレコムスクエア台湾

(特楽通:タールートン)とは

テレコムスクエア台湾は年間70万人にもの台湾人観光客にリーチする台湾で人気サービスを提供しております。台湾では特楽通(タールートン)股份有限公司やそのブランド名Wi-Ho!で知られており、業界のパイオニアとして海外渡航するほとんどの人が名前を聞いたことがある、台湾人にとって馴染みのあるブランドです。台湾の玄関口である桃園国際空港を始め、台北松山空港、高雄空港など主要空港に業界随一の8店舗を構え、115人のスタッフがWi-Fiルーター、SIMカードといった台湾人海外旅行者に必須のサービスを提供しております。

当社は台湾に深く根差しており、社員のほとんどは台湾人です。在籍する日本人も台湾との繋がりが強く在住経験豊富なものばかり。台湾人観光客へのサービス経験が豊富で、今まで蓄積された台湾人観光客の膨大なデータベースから、数年前から台湾人インバウンドへのプロモーションを目指される自治体や企業からご相談を多く受けるようになりました。

今までご支援したインバウンドは自治体、観光協会、飲食、宿泊、娯楽、旅行代理店など様々。日本のどの業者よりも「台湾人目線」で、現地企業にしか出来ないプローモーションのご支援をいたします。

親会社は日本の株式会社テレコムスクエアです。業界のリーディングカンパニーとして、25余年にわたり世界を旅する方々に国際モバイル機器を提供してきました。テレコムスクエアは日本の主要国際空港20カ所のカウンターに加え、世界7カ国での事業展開を進めており、国境を超えて旅する観光客やビジネスパーソンに安心と信頼を提供しています。日本企業ですので安心してご利用下さい。

なぜ特楽通か?

台湾マーケティングのプロフェショナル

台湾からのサービス

 

日本からサービスしている業者もありますが、なかなか現地の事情はわからず、結局は外注業者を探すだけのインバウンド代理業に終止しているケースも多いようです。当社は台湾に拠点を構え、台湾人と台湾人在住経験が長い日本人によって台湾人目線からのサービスを行っております。

台湾人観光客の
データベース

5年前に台湾でゼロから観光客向けのサービスを開始し、現在ではWiFiルーターレンタル業界トップシェアの会社となりました。その間にサービスさせていただいた台湾人の数は膨大になります。ただ闇雲に広告を打つのではなく、台湾人観光客に対して直接アプローチ出来るのが弊社の特徴です。

空港カウンター
 

台湾は九州程の大きさの小さな地域ですが、2,350万人の人口のうち、2016年は1,460万人もの累積出国があった、アウトバウンド大国でもあります。その為、空港カウンターは台湾人観光客へ直接リーチする極めて価値のある媒体となります。弊社は業界で随一の体制を持っており、桃園、松山、高雄に8つのカウンターを整えております。