特集-台湾で最も大規模な旅行博ITF(台北国際旅行博)が台北で開催されました

台湾では毎年日本に関するイベントや旅博やなどが数多くあり、今年は三月多彩日本、五月春TTE、六月日本の観光・物産博、八月TOUCH THE JAPAN、十月秋台北国際旅行博(ITF2017)が開催されました。この中には十月秋台北国際旅行博(ITF2017)は一番大規模な展示会です。今年の来場者は366,976人、去年の317,000人より1.63%増でした。今年は68カ国の事業者が出展。日本各地からは自治体、観光関連企業等75の団体・企業が142ブースを出展しました。

   

この展示会は毎回台湾の方に新しい日本の魅力、最近では特に地方の魅力を紹介し、日本から出展業者にも台湾の魅力を再認識させることで、両国の交流を益々増進させる事を目的としているとのことです。FBのファンページでいいね!を押す、またはチェックインすると、その場で数量限定の可愛いエコバッグやキャラクター製品、または実用的なノベルティがもらえます。またステージで各ブースのアピールをすることで、来場者をブースへ誘導しています。また舞台では、日本各地方の「ゆるキャラ」や、若い女性のユニットの踊りなどのパフォーマンスが多くの人を集めていました。例えば、愛知県の「知多娘」は愛知県の知多半島をPRしたい女の子によるユニットで、地方観光活性化に一役買っています。また、台湾第二の都市の高雄で結成された、やはり素人の女の子のユニット「キャンディースター」は、安定したファンを集めている様子でした。

日本の各地方のコンテンツはそれぞれ魅力があるものの似ている部分も多いと感じます。例えば日本の旅館の懐石料理はみな似ています。ブースについても、ただハッピを着てパンフレットを積んでいるだけでは惹きつけるものを感じません。安易という意見もあるかもしれませんが、若い女性のユニットによる「にぎやかし」は、確実な効果を生んでいるように見えます。


(左から二人目が筆者=私Viviです。)

さて当社では、今回クライアントからの依頼で、日本代表する企業の共同企画である日本の情報のサイト「Live Japan」のブース宣伝の取材のコーディネーションを行いました。スーパー級のブロガーを会場に呼んでブースを取材してもらい、彼らのブログやフェイスブック(FB)に読者プレゼントの扇子を宣伝してもらいました。楽しそうな抽選イベントもあり、ブースの来客数はあっという間に増えました。因みに、ブロガーのFBのいいね!の数が4,500に達し、宣伝による来客数が300組近くになりました。このような即効性こそ強いブロガーの効果であると、改めて感じました。

(当日のブロガーの記事で300組近くが来所)
最後に予告があります。来年2018年の5月、上半期最大の国際旅行博(2018年五月のTTE)に当社が出展します。しかし単なるブースではありません。アキバの活性化を行うブレーンバスターズさんとのコラボでブース内に舞台を作り、キャンディースターなど女の子のユニットが、皆様のコンテンツを賑やかしながら宣伝するメニューを検討しています。また後日のニュースレターで詳細をお伝えします。台湾の旅行博にぜひご参加ください。
Posted in Uncategorized, 旅行博 and tagged .

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *