台湾への日本の飲食業の進出ブームについての考察

最近は日本食の進出ブームといわれますが、その通りだと思います。今回はこのテーマについて考察したいと思います。

台湾に住んでいるというと、「台湾は食べ物がおいしくていいですよね」と日本の方からよくいわれます。私は返事に困ってしまいます。旅行で来て、数日間だけおいしいものを食べ歩くのなら、それは否定できません。しかし実際台湾に住んで、コンビニのおにぎりや一般的な台湾の飲食店を毎日「体験」していると、けしてその通りといえません。

確かに小籠包は感動的においしいです。しかし毎日は食べないし食べられません。マンゴーかき氷しかりです。台湾の日常の食べ物は、けして日本人に万人うけするものではないと私は思います。皆さんご存知の「臭豆腐」という食べ物は、ほぼすべて日本人が鼻をつまむでしょう。それは極端にしても台湾の日常食は地味です。ではその台湾の中で「日本食」とはどういう存在でしょうか?比較的ハレの食です。そしてまず高いのです。台湾では日本自体がブランドなので、なんでも日本と付けば、高くなるのはしょうがないという暗黙の了解(あきらめ?)のようなものがあります。レストラン以外でも、インスタントラーメンでもお菓子でも「日本産」は高いのが常識です。そして日本産は外れが少ないのも事実です。そこを逆手にとって、一目みて日本産のようなパッケージにしておきながら、実は台湾産という食品もあります。

さて日本食に話を戻します。レストランでも事情は同じです。台湾では「日式」(日本式の意味。ちなみに「港式」は香港式の飲茶)という看板の店は多く、日本の定食やどんぶりなどを出します。しかし日本ではありえない味(間違えたひと手間を加えることも多い)、値段は普通の台湾式の二倍という店がいかに多いか。台湾の物価は決して安くありません。特に台北は東京より高いものばかりです。

台湾人の日本旅行の大ブームはご周知のとおりです。当社のリサーチ部門の調査結果にもあるように、台湾人の日本の旅行の最大の楽しみは日本食です。理由はもうお分かりですね。日本に行けば台湾と同じ値段で、本物が食べられるからなのです。日本から本物の「日式」の進出ラッシュの背景には、こうした台湾人と日式の構図事情があると私は思っています。くら寿司は私の家の前にありますが、5回行ってなんと5回とも混雑で入れませんでした。遅れてきたハマ寿司も、大盛況となっています。

とはいえ飲食店はもちろん台湾でも栄枯盛衰が激しい業界です。日本の飲食企業は台北の一等地への進出を希望し、日本食の間でも競争状態です。餃子の王将にあるように、最近は物価の安くて競争が激しくない高雄や台中への進出も盛んです。

最後に参考に、日本の飲食の台湾進出について語っている記事がいくつかありましたので紹介します。

<ネット上の参考記事>

  1. http://news.ltn.com.tw/news/life/breakingnews/2299917

日本の飲食店の台湾進出ラッシュについて分析しています。まず、日本は人口減少で飲食市場が飽和傾向にあること、台湾人は日本文化に精通し、元々日本食は台湾では人気があること。さらに元来中国系の人の味覚は日本と似ている上に、台湾、香港、中国の多くの観光客は日本に旅行して日本の味に慣れていることを挙げている。著者は最後に、台湾人の嗜好や市場をリードし、将来中華圏市場への展開のためにも、台湾に来てくださいと結んでいます。

  1. https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mag2/world/mag2-259436

著者は最近の日本の飲食店の台湾進出ブームを分析しています。かつては出店先の国の味に合わせることが多かったが、今の成功組は、日本の味で台湾で勝負して成功しているとしています。成功事例として、やよい軒」「くら寿司」「餃子の王将」「すき家」を挙げています。さらに以下のように続けています。彼らはメニューもサービスも日本と同じにして成功している。かつて、「食は香港にあり」といったが、今は「台湾にあり」といえる。餃子の王将が一度撤退して再チャレンジして成功したのは、日台間の信頼関係の深さも成功の理由だ。さらに、日本食の持つ健康な側面も受け入れられている。大体このような感じですが、異質のことをミックスして語っており、個人的には異論を感じる部分もあります。

<参考>

台湾では餃子とは水餃子を意味しており、日本でいう焼き餃子は「鍋貼」(クオーテー)という別の料理です。日本の餃子の王将で、ホール係がキッチンに「イーガコーテー」と叫びますが、発音は違いますが、あれです。

<個人的意見>

餃子の王将の台湾進出のポイントは3つ、台湾で日常的に安く食べられている鍋貼が日式とはいえ高額で売れるのか?高雄からの挑戦でうまくいくか?先行進出の大阪王将との勝負はどうか?であったと思います。王将が過去に撤退した大連と日台の信頼関係を比べて成功要因とするのは、論点がずれている気がします。

  1. https://www.foods-ch.com/sp/tokushu/world/1469576943762/

人口2300万人ほどと、それほど大きくない市場にもかかわらず、日本企業の進出が多い台湾。何が日本企業を惹きつけるのか解説しています。中国への進出の足掛かりになる、アジア屈指の親日国であるなどを理由とし、進出店のインタビューを紹介している。富士そば、やよい軒、ともに味付けは日本とほぼ同じにしているとのこと。台湾はローカライズが比較的必要ないから進出しやすいと結論付けています。

 

当社では日本の飲食企業のインバウンド誘客プロモーションでは経験と実績が豊富です。さらに台湾進出のサポートも行っています。進出店の告知はもちろん、日系&台湾系の進出専門コンサルタントや会計事務所など、当社のネットワークで日本企業様のニーズにお応えします。

  
↑台湾高速鉄道(台湾の新幹線)の左営駅(高雄)に進出した日系飲食店

  
(写真 by Google、大阪王将、Sukiya Taiwan)

Posted in ニュース情報 and tagged .

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *