10月11日(木)第15回台湾インバウンドセミナーのご案内

2018年9月28日

まず「台湾」について知っていただこうと、2016年6月に始めた「台湾インバウンドセミナー」も15回目となりました。改めて深く御礼申し上げます。ただデータを並べるセミナーはつまらないので、足を運んでいただく方に何とか楽しんでいただこうと、これまで様々な企画にチャレンジしてきました。お陰様で本セミナーは大変好評をいただくようになり、クライアントと共に取り組んできた案件も増え、ご報告できる事例も多くなりました。

今回の目玉は、台湾で圧倒的な強さを誇るスーパー級のブロガー、林氏璧(リンスーピー)さんが台湾からスカイプで初参加します。これまで公衆の面前には絶対に現れなかった彼ですが、3年越しのお誘いが実を結びました。顔出しがあるかどうかは当日のお楽しみですが。因みにフェイスブックファン数が150万人を超える国民的ブロガーといえます。

 

また今回は事例報告として、大阪を代表する食のブランド「千房」の経営企画室長、橘川さんが登壇されます。千房のインバウンド戦略を推進されている方で、個人的にも20年の付き合いがあります。2年前に当社企画のクーポンを初月2,500人の台湾人が持参し、様々な取り組みを継続した結果、昨年は1万人の台湾人がクーポンを使われました。そしてついには、10月18日台湾一号店がオープンです。フルコースの体験を語っていただきます。

また恒例のインバウンド初心者向けの第一部では、いったい「なぜ台湾」なのか?どうして台湾人はこんなに日本が好きなのか?小生の日常生活のスナップ写真から、イメージを膨らまして浮き彫りにしていきます。後半は統計データに基づきながら、台湾の実態や特徴を客観的に理解していき、インバウンド対象市場としての台湾の特徴を12にまとめていきます。今回はさらに、インバウンド施策の整理と推進上の考え方をご報告します。

今回はさらに、本マガジンの記事にある、台湾最大の金融グループとの包括提携による、日本企業の情報提供プログラムについてもご報告できるでしょう。

インバウンドはあまりに広大で、まだまだ実験と研究の繰り返しですが、台湾現地に根差した、台湾人目線のソリューションを提供する会社として、今後もチャレンジとセミナーでのご報告を重ねてまいります。どうぞ今回のセミナーもお誘いあわせの上、お越しください。

特樂通股份有限公司
董事長 大塚順彦

 

 

Posted in セミナー, セミナー関連, ニュース情報 and tagged , , , .

One Comment

  1. Pingback: 台湾の巨大金融機関との包括提携について – Telecom Square Taiwan, Inc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です