台湾の金融企業グループとの包括提携について

日本では銀行はキャッシュカードを発行していますが、クレジットカードは発行していません。台湾では、銀行が両方のカードを発行しています。銀行にとっては、クレジットカードの利用促進はとても重要な課題です。巨大銀行であっても、飲食店の割引など細やかなキャンペーン施策を常に実施しています。彼らは消費者向けの施策に力を入れており、日本での消費を促すコンテンツは特に関心が高い分野です。

 

当社はWi-Fiルーターなど通信商品紹介の実績と人脈を活かし、台湾最大の金融企業グループの一員である国泰世華銀行(台湾最大の銀行)や国泰人壽(台湾最大の保険会社)など、数多くの銀行や保険会社に、日本の企業の特典を紹介していくための包括提携を開始します。

メディア価値が数千万円以上の彼らの媒体を利用して、彼らの顧客資産にリーチできるのですが、何よりも台湾の大企業とのコラボレーションに価値があります。台湾人にとっての信頼のブランドを活用して、自社のブランド価値を台湾で高めることができるのです。

 

金融企業グループのメディアリソース(國泰世華グループの例)

 

カード会社・銀行様との提携の例

 

ご参考に当社は、通信商品を通して、VISA、國泰世華銀行、國泰人壽、台新銀行、元大銀行、上海商銀、玉山銀行、合作金庫、日盛銀行、樂天信用卡、安泰銀行、星展銀行、永旺信用卡など、数多くの台湾現地の金融機関との連携を行ってきました。合計でリーチ可能な台湾人は数千万人になります。

本プログラムについては、10月11日のセミナーにてご案内いたします。

 

 

Posted in ニュース情報, 当社のサービス内容 and tagged .

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です