事例
​​​​

飲食チェーンA

台湾人観光客の来店を増やすべく、スーパーブロガーを活用し認知度向上と集客を同時に図り、結果、3ヶ月で数千人の台湾人来店に成功。継続的な成果に繋げるため、キャンペーンを定期的に実施し、年間を通じての台湾人集客マーケティング手法を確立。

某鉄道大手A

海外からの利用者を増やすため、台湾人向けの沿線の観光地のプロモーションを実施。ブロガーを招致し、観光地、娯楽施設、宿泊施設などの情報を台湾人読者へ伝えることで周遊チケットの拡販へ繋げた。

鉄道大手B

鉄道を利用する外国人観光客を如何に駅商圏でのお買い物に繋げるかの仮説を検証するために、台湾にてアンケート調査を実施。台湾人消費者の行動についての分析を経て、具体的プロモーションへ繋げた。

某娯楽施設A

閑散期の期間限定の特別イベントに短期で集客を図るため、台湾のスーパーブロガーによる情報拡散を行った。結果、ブログ記事を見てのクーポンを利用した台湾人の来場が増加し、確実に集客効果が見えた。

某ECショップA

日本製品を扱う越境ECの台湾市場でのプロモーションを実施した。海外観光を経験した会員にメルマガを送ることで、製品の知名度向上に役立った。

観光協会A

所謂ゴールデンルート外にあり台湾からの交通の便もあまりよくなかった観光地にスーパーブロガーを招聘し、記事をブログやFacebookに掲載することで地域の魅力や東京からのアクセスなどの観光の実用情報を台湾読者へ広めた。

某自治体A

観光地の既存中国語繁体字サイトを作ったものの、日本語の直訳があり、ほとんど閲覧されていない状況だった。そこで台湾人との意見会を実施。台湾人には分かりづらい表記の修正や観光客の立場から見たコンテンツの修正などのフィードバックを提供。

自治体B

台湾人観光客が必ずしも多くない地域の自治体で、台湾人旅行客に人気のフリー雑誌「日本放題」に地域の情報を記事として出稿した。地域の魅力を伝えることで、インバウンド訪問客が増加した。

某宿泊施設

訪日観光客向けの宿泊キャンペーンの情報を膨大な数を誇る当社の WiFiルーター予約者や海外旅行会員様対してメールでプロモーション。メールを通しての台湾人観光客の予約増加に貢献。

IT企業A

スマホアプリの海外展開を図るべく、台湾でのスマホアプリについての意見調査会を実施。実際に消費者に操作してもらうことで、機能や中国語表記についてのフィードバックを実施した。